客观日本

汉和575短诗之《冬》-2

2019年01月04日 俳句及汉徘投稿作品
汉和575短诗之《冬》-2

1.冬至
朝焼けの 陽気登りて 冬至の日
东方现晨曦,旭日亦伴一阳生,冬至好天气。

2.冬樱
冬至も過ぎ 時を恋する 冬桜
冬至好时节,冬樱知时恋旧年,一枝绽林间。

3.兴亡
陽は昇り 盛衰極め 陽は落ちる
盛衰自难书,千古英雄功与过,兴亡百姓苦。

4.阳历除夕
雲隠れ 今年最後の 富士日の出
远方云半天,名山巍巍冠白雪,日出富士边。

5.过年
年なんて 過ぎてしまえば 重ねだけ
过年又如何,一天过去加一岁,过完就无味。

6.冬晨
朝寒し 寝ぼける我と 伸びる猫
冬晨难早起,地暖升温猫先知,懒腰伸得直。

7.手套
手袋を 慌てて探し 仕事路へ
寒波袭东瀛,手套围巾初见功,是春还是冬。

8.风信子
暖冬の 黙々咲かす ヒヤシンス
冬日如阳春,默默开花无人问,墙角风信子。

9.月夜
雪ちらり 朧月夜の 梅の花
残雪挂枝桠,朦胧月夜白梅花,冲寒又早发。

10.红梅
薫る風 朝日に映る 紅い花
何处幽香来,冬日朝阳红梅俏,邻园一枝开。

11.异国除夕
故里思い 仕事しながら 歳重ね
佳节倍思乡,身在异国上班忙,岁数照样长。

12.腊梅
隣り庭 遅き蠟梅 一枝咲き
暗香何处来,邻家墙院月影下,腊梅一枝开。

供稿 沈桐

专题网页