IRENA报告称太阳能发电全球平均成本七年减少73%

2018年02月13日
PHOTO

【共同社2月12日电】国际可再生能源机构(IRENA)日前汇总的报告显示,自2010年起的七年间,作为全球变暖对策被期待广泛使用的可再生能源发电成本大幅减少,太阳能发电全球平均成本下降73%,陆上风力发电下降23%。

据预测,截至2020年太阳能发电成本可能再减半,部分太阳能与陆上风力发电成本将低于火力发电。该机构总干事阿丹・阿明指出:“转换为可再生能源不再仅仅是考虑到环境,如今也是经济性的选择。”

2010年太阳能发电全球平均成本为1千瓦36美分,2017年降至10美分。陆上风力发电也从8美分降到了6美分。据称,价格下降的主要原因是技术进步、引进招标制度等推动了价格竞争及涉足企业的增加。

使用煤炭、石油等导致全球变暖的化石燃料的火力发电成本为5至17美分,该机构预测“太阳能与陆上风力发电成本持续下跌趋势,截至2020年也会出现成本低于化石燃料的情况”。

关于日本国内,经济产业省估算2014年太阳能发电成本为24日元(约合人民币1.4元),陆上风力发电为22日元。根据设备利用率及使用寿命等可能发生变化,经产省表示“现在的价格较2014年有所下降,但比世界平均成本高”。

原因在于日本设备费及施工费相对高于其他国家,经产省正力争通过促进竞争、提高保养检修效率等调低价格。行业团体等定下了目标,希望在2030年把太阳能发电成本下调至7日元、陆上风力下调至8至9日元。(完)

・・・・・・

◎太陽光コスト7年で73% 減世界平均、風力も下落 国際機関が報告書

地球温暖化対策として拡大が期待される再生可能エネルギーの発電コストが2010年からの7年間で大幅に下がり、世界平均で太陽光は73%、陸上の風力は23%下落したとの報告書を、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)が12日までにまとめた。

20年までに太陽光のコストはさらに半減する可能性があり、一部の太陽光と陸上風力は、火力発電より安くなると予測。アドナン・アミン事務局長は「再生エネへの転換は、環境への配慮というだけでなく、今や経済的な選択だ」と指摘した。

10年時点の太陽光の発電コストは世界平均で1キロワット時当たり36セント(39円)だったが、17年に10セントに下落。陸上風力は8セントから6セントになった。技術の進展や入札制度の導入などによる価格競争の促進、参入企業の増加が要因という。

石炭や石油など温暖化をもたらす化石燃料を使った火力発電のコストは5~17セント(5~18円)で、同機関は「太陽光と陸上風力の下落傾向は続く。20年までに化石燃料のコストを下回るケースも出る」と予想する。

日本国内について経済産業省は、14年時点で太陽光の発電コストは24円、陸上風力は22円と試算。設備利用率や耐用年数などによって変わり得るとした上で「今の価格は14年時点より下がっているものの、世界平均よりも高い」と話す。

他国と比べ設備費や工事費が高いのが原因で、経産省は競争の促進や保守点検の効率化などによる価格引き下げを目指す。業界団体などは30年に太陽光を7円、陸上風力を8~9円まで下げる目標を立てている。(了)